りゅうナビ

株式会社 琉球新報開発

株式会社 琉球新報開発

業 種
教育・出版・マスコミ
複合サービス

豊富な実績と媒体で、沖縄の心を結ぶ代理店です。

  • 株式会社 琉球新報開発の写真
  • 株式会社 琉球新報開発の写真
  • 株式会社 琉球新報開発の写真
  • 株式会社 琉球新報開発の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0001 沖縄県那覇市港町2-16-1 琉球新報開発ビル7F
地図
TEL 098-865-5272
FAX 098-869-0729
HP http://www.shimpo-k.co.jp/
事業内容

1.各種興行の企画、販売及びカルチャーセンターの経営
2.新聞、書画、書籍その他出版、印刷物の販売受託及び販売代理店業
3.コンピュートサインによる広告及び情報提供事業          
4.旅行業法にもとづく旅行業
5.各種広告企画、制作、販売及び広告代理店業
6.損害保険代理店業
7.不動産の売買、賃貸、仲介、斡旋、管理業務及びビルメンテナンス業
8.燃料用油、潤滑油等石油製品、油脂販売業
9.事務機器、電算機器及びその器材、建築資材、包装用資材、事務用品その他各種紙製品の販売業
10.生命保険の募集に関する業務
11.乗用旅客自動車運送業
12.県知事認可、ホームヘルパー認定養成講座開設
13.労働者派遣事業
14.有料職業紹介事業
15.人材育成に関する総合支援及び講師派遣
16.上記各号に付帯関連する一切の業務

● 一般労働者派遣事業(般47ー300097) 有料職業紹介事業(般47ーュー300067) 

設立年月 1983年9月1日
代表者名 代表取締役社長 新垣 順基
資本金 3,000万円
従業員数 93名
年間売上高 35億
沿革 琉球新報社の関連子会社として、新聞関連事業を中心に事業を展開する。
主な事業に新聞折り込みに関する全般・新聞広告に関する全般・告別式取材など沖縄県の
地域性ある事業に関わる。また、琉球新報社の主催する読者サービスの事業に関わること
(沖縄マラソン・新報料理講習会・トリムマラソン・新卒合同企業説明会など)琉球新報
カルチャーセンターの企画・運営。求職者の就職支援として行う人材育成事業と求人企業
開拓事業・琉球新報の求人媒体「ウイークリー1(ワン)」の運営。新卒者の就職支援として
人材育成事業、DTPの人材育成事業などの公共事業を実施する。
 又、公共事業に関する新聞広告、TV&ラジオCM、チラシ作成&折込などの広報業務や
新聞関連業務としてソーシャルビジネスを中心に展開し、各分野で様々な企画提案を行っている。
支店・支店事業所 ■本社
〒900-0001
沖縄県那覇市港町2-16-1 琉球新報開発ビル7階
TEL:098-865-5272 FAX:098-869-0729

■中部広告部
〒904-0014
沖縄県沖縄市仲宗根町25-6 琉球新報中部支社2階
TEL:098-938-3535  FAX:098-939-4475

■北部営業所
〒905-0014
沖縄県名護市港2-3-1 琉球新報開発北部ビル1階(琉球新報北部支社内)
TEL:0980-53-3131 FAX:0980-53-5837

■新報カルチャー
TEL:098-865-5277 FAX:098-865-5283
●天久教室
〒900-0005
沖縄県那覇市天久905

●大道教室
〒902-0066
沖縄県那覇市大道172
(沖縄県婦人連合会 会館3階)


●港町教室
〒900-0001
沖縄県那覇市港町2-16-1
(琉球新報開発ビル6階)
グループ会社・子会社・
関連会社
株式会社 琉球新報社
株式会社 キッズビレッジ
株式会社 琉球新報販売センター
株式会社 琉球新報印刷
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

玉城(タマシロ)

玉城(タマシロ) さん

部署・役職
広告二部
出身学校
沖縄国際大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

接客のアルバイトをしたことがなかったことから、言葉遣いが身についていなかったため、就職活動では意識しながら会話しないといけなく、大変でした。もしアルバイト以外で対策を考えるなら、日常から丁寧な言葉を使う習慣をつけていれば楽に面接や会話をすることができたのかなと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

インターンで会社に見学に来た際に、社員同士が仲良さそうだと感じたことです。もし給料が良くても社員同士が仲良くなければ、会社で働く意欲がわかないだろうと考えていたためです。そして今、上司や同期たちと仲良くやっていて、仕事を頑張れているので、この基準で会社を選んでよかったと思っています。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動をして、いろいろな会社のインターンへ参加して多くの試験に挑むことが大切だと思いました。そうすれば、自分がどのような会社に入りたいか具体的になり、試験の勝手がわかっていくと思います。活動を始めたばかりの時は大変ですが、何件も受けていれば、楽にこなせるようになっていくと思います。

小橋川(コバシガワ)

小橋川(コバシガワ) さん

部署・役職
事業企画部
出身学校
沖縄国際大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動で気をつけたことは、就職活動をしたつもりにならないことです。就職説明会への参加、キャリア支援課の利用は大切なことです。しかし、それだけで満足して、エントリーや面接の申し込みを怠ってしまうことがありました。対策や説明会だけで終わらせず、面接本番を迎えるための手続きまで実行して、モチベーションを維持できるよう心掛けました。説明会などの直後は気持ちが高まっているのでその日のうちにエントリーするのがおすすめです。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

琉球新報開発を選んだ決め手は2つあります。1つ目は、会社の雰囲気が良かった点です。就職説明会に参加した際に、新入社員の方とベテランの方が楽しそうに会社を紹介してくださいました。新人の意見にも真摯に向き合う風通しの良い印象を持ったので、ここで働きたいと思いました。2つ目は、部署が多い点です。広告、折込広告、公共、保険など様々なので、成長できるチャンスがあり、やりがいがあることに魅力を感じました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は焦ったり悩んだりと気持ちが沈んでしまうことが多くありますが、自分が納得するまで活動し続けることが一番の解決策だと思います。どんな業界に興味があるのか、どんな業務がしたいのか明確にすることも大切ですが、好き嫌いは無しにして、こんな業務ならできるかな、頑張れそうかなというところにも視点をおいて企業を見極めると入社してからのギャップも少なくなります。行動しないと絶対に就職活動は終わらないので、悔いのないように頑張ってください。

武井(タケイ)

武井(タケイ) さん

部署・役職
出向(琉球新報社 編集局)
出身学校
同志社大学 大学院

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私は大学院修了時に必要な論文作成に気を取られ、真剣に就活と向き合ったのは年明けでした、そのためインターンで企業に自分を売り込むことができず、遅くとも夏すぎから就活を意識すればよかったと思います。ただ就活を始めてからは、過ぎたことを嘆いても仕方ないと思い、説明会で人事担当者と1対1で話すなど、とにかく対話を通じて少しでも相手の印象に残ることを強く意識しました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

元々は県内の新聞社志望で、それ以外の会社は正直あまり興味がありませんでした。しかし説明会で弊社の担当者から声をかけられて説明を聞いた際、広告を含むさまざまな業種を扱っている点や、会社の雰囲気に魅力を感じました。その後会社見学に訪れた際にも丁寧な対応を受け、趣味として広告にも興味があったことから、当社を選びました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就活ではいろいろな悩みや不安が出てくると思いますが、とにかく何事も「諦めない」ことが大事です。一方でただひたすらに諦めない姿勢を貫くと、周りの状況が見えなくなり、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。諦めない姿勢や信念はしっかり持ちつつ、冷静かつ客観的に状況を眺め、時には思いきって引く判断も大事です。充実した就活となるよう頑張ってください!