りゅうナビ

地方独立行政法人 那覇市立病院

地方独立行政法人 那覇市立病院

業 種
医療・介護
官公庁・農協・その他団体

『あなたの頑張りが、担当する業務が、病院の経営につながる仕事です!』

医師や看護師など、病院は医療系の国家資格を持った専門職の集団です。

わたしたち経営マネジメントスタッフは人事、財務、経営企画、総務、用度、医事、SEなどの様々な分野の知識や経験を活かして、医師を始めとする医療職とともに病院運営を担っています。様々なフィールドでの経営マネジメントスタッフ1人1人の活躍が病院の経営や問題/課題解決に結びついています。
安心・安全で、質の高い医療サービスの提供に直接繋がっていると実感できるやりがいのある仕事です。
当院は、沖縄県で初めて自治体立優良病院として総務大臣より表彰を受けました。病院の黒字経営は、次なる医療へ展開できる投資につなげていきます。
少子高齢化を向かえ、医療のニーズは高まっており、今後も続きます。
コロナ禍の現在においては、新たなミッションに対するオペレーションを組み立てる等、チャレンジの連続です。

安定した経営を支え、市民のため、地域のため、一緒に働く仲間を私たちは求めています。

  • 地方独立行政法人 那覇市立病院の写真
  • 地方独立行政法人 那覇市立病院の写真
  • 地方独立行政法人 那覇市立病院の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒902-8511 沖縄県那覇市古島2丁目31番地1
地図
TEL 098-884-5111
FAX 098-885-9596
HP http://www.nch.naha.okinawa.jp/
事業内容

病院事業(地域医療支援病院・地域母子周産期医療センター・地域がん診療連携拠点病院など)
健康診断事業

設立年月 昭和55年5月1日(独法による開設日平成20年4月1日)
代表者名 理事長兼病院長 外間 浩
出資金 12億9,900万円
従業員数 1,143名(令和2年4月1日現在)
年間売上高 149億1,800万円
沿革 1980年5月  病院開院
1999年4月  那覇市立病院急病センター開設(那覇市救急診療所廃止)
1999年10月  NICU(新生児集中治療室)開設
2001年4月  臨床研修指定病院 認定
2003年11月  日本医療機能評価機構認定
2004年8月  ICU(集中治療室)開設
2005年1月  地域がん診療連携拠点病院 認定
2006年12月  電子カルテ稼働
2008年4月  地方独立行政法人へ移行
2010年6月  健診センター開設
2010年10月  地域医療支援病院 認定
2012年1月  DMAT(災害支援医療チーム)発足
2014年6月  自治体立優良病院表彰(両協議会会長)
2015年6月  自治体立優良病院 総務大臣表彰
採用実績データ 令和2(2020)年採用 3名
平成31(2019)年採用 2名
平成30(2018)年採用 3名

<出身大学>琉球大学、沖縄国際大学、沖縄大学、ほか県外大学
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。