りゅうナビ

沖縄電力 株式会社

沖縄電力 株式会社

業 種
電気・ガス・エネルギー

「想い」-沖縄を支え続ける見えないチカラ-

日々の暮らしに欠かすことのできない電気。
私たち沖縄電力は、エネルギーを通して
ずっと変わらず沖縄を支え続けてきました。
これからは、あなたの想いも込めて
一緒に輝き、沖縄を灯そう。

  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒901-2602 沖縄県浦添市牧港5-2-1
地図
TEL 098-877-2341
FAX 098-877-6017
HP https://www.okiden.co.jp/company/recruit/adoption_detail/index.html
事業内容

総合エネルギー事業(沖縄県全域への電気の供給およびガス供給事業)

設立年月 1972年05月
代表者名 代表取締役社長 本永 浩之
資本金 75億86百万円
従業員数 1632名 ※2020年3月末時点
年間売上高 1,944億71百万円 ※2020年3月期
沿革 1972年5月琉球電力公社の業務を引き継ぎ、政府および沖縄県の出資する特殊法人として設立
1976年4月配電会社5社を吸収合併し、発送配電の一貫供給体制を確立
1988年10月民営化
1994年3月当社初の石炭火力発電所、具志川火力発電所の運転開始
2000年3月電気事業連合会へ正式加盟
2002年2月東京証券取引市場第一部上場
2009年12月国内初、波照間島に可倒式風力発電設備を導入
2012年11月吉の浦火力発電所(LNG)の運転開始
2015年5月ガス供給事業の開始
支店・支店事業所 本店/沖縄県浦添市
支社/東京都港区
支店/沖縄県那覇市、 浦添市、うるま市、名護市、宮古島市、石垣市
営業所/沖縄県与那原町
発電所/沖縄県浦添市、うるま市、金武町、中城村
その他/離島電業所(8カ所)
グループ会社・子会社・
関連会社
㈱沖電工、沖電企業㈱、沖縄プラント工業㈱など
http://www.okiden.co.jp/group/index.html
採用実績データ 【採用者数】※直近3年間
2021年度:16人
2020年度:17人
2019年度:17人
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

與儀 優里(ヨギ ユウリ)

與儀 優里(ヨギ ユウリ) さん

部署・役職
総務部 法務グループ
出身学校
立命館大学 法学部 法学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私は就職活動中、自己分析を意識して行っていました。自分の長所や短所、自分に合った働き方ややりたいことを整理することで、志望する業界や企業を絞り効率的に就職活動を行うことができると思ったからです。また、そのような「自分の軸」をもつことで、面接でもぶれることなく質問に答えることができました。ただ、面接本番はとても緊張したので、模擬面接などもっと面接の場に慣れる練習をしておけばよかったなと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

元々、インフラ業界など地元沖縄の人々の役に立つ公共性の高い仕事をしたいと思っていました。大学3回生の時に、沖縄電力のインターンシップに参加し、実際に電力の安定供給のために懸命に働く社員の方々の姿を見て、電力供給を通して県民一人一人の生活や経済活動を支えている沖縄電力で働きたいと思いました。また、いきいきと働いている社員の方々の人柄や雰囲気が良かったことも、沖縄電力を選んだ理由の一つです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動をする中で、自分が本当にやりたいことがわからなくなったり、不安に感じたりすることもたくさんあると思います。そういう時は、ひとりで悩まず、家族や友達と話してみることも大切です。また、これほど自分の将来について考える時間があるのも今だけです。今、たくさん悩んで決めたことは将来自分の自信にもつながると思うので、前向きに諦めず頑張ってください!

上原 脩吾(ウエハラ ユウゴ)

上原 脩吾(ウエハラ ユウゴ) さん

部署・役職
電力流通部 給電指令所 系統運用G
出身学校
琉球大学 物質地球科学科 物理系

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中に意識したことは、『業種が自分のやりたいことや適性に合っているか』と『企業の理念や雰囲気、今後向かう方向が自分に合っているか』の2つの軸です。
当時はこの2つの軸で整理する事で、企業を選ぶ上で役に立ち、面接でも自信を持って答えることが出来たと思います。
実際に働いて今思う事としては、2つの軸とも大事ですが、後者の方が一生懸命頑張るためのモチベーションになっており、より大事にすべき軸だと感じています。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

企業説明会の場で人事の方々や先輩社員の皆さんと話している中で、「沖縄へ安定した電力を供給する」という使命感を社員一人一人が持っている事を強く感じました。
地域社会を大切にする企業の在り方と、社員が一丸となってその一つの使命に向かっている姿が私にとって魅力的であり、決め手になったと思います。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は、自分を見つめ直し成長できる大事なチャンスだと思います。色々な企業と多く人と出会い、その分迷いも大きいだろうと思いますが、しっかりと悩み抜いて決めた考えや答えは自分の自信にも繋がると思います。色々なところに飛び込んでいって今まで気づかなかった自分の新しい一面を見つけ、自分が一生懸命になれるような企業を見つけてください。もしそれが当社であったなら、是非一緒に頑張りましょう。

玉城 恭佑(タマキ キョウスケ)

玉城 恭佑(タマキ キョウスケ) さん

部署・役職
発電本部 発電部 吉の浦火力発電所 発電グループ
出身学校
九州工業大学 工学部 電気電子工学科卒

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私の周囲の友人達は大学院への進学を希望していたので、一人で就職活動を行う中、インターンシップや学内セミナーなどの就職活動に関する情報を逃さないように気を付けていました。その他にも、学内の就職センターや外部の就職支援機関なども積極的に活用していました。私自身、就職活動を本格的に始めたのが大学3年生の1月頃で、なかなか企業説明会の予約が取れず慌てたりしたので、もっと早めに活動を開始しておけばよかったかなと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

私は「沖縄に貢献できる仕事がしたい」ということを就職活動の軸に据えて、様々な企業の説明会やインターンシップなどに参加をしていました。その中で、生活の基盤である電気を沖縄に届けるために働いている沖縄電力の社員の姿や使命感に惹かれ、沖縄電力に入社したいと考えるようになりました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動という人生の一大イベントを迎えている中、コロナ渦という従来とは異なる環境にも対応しなければいけないという点で不安も大きいと思います。しかし、自己分析や企業研究、面接対策など自分のするべきことを一つ一つこなしていけば不安も取り除いていけると思いますし、良い結果にも繋がると思います。頑張って下さい。