りゅうナビ

日本ビジネスシステムズ株式会社 沖縄事業所

日本ビジネスシステムズ株式会社 沖縄事業所

業 種
IT・情報通信

日本ビジネスシステムズ株式会社(以下、JBS)は、法人のビジネス課題を解決するためのデジタルトランスフォーメーションを実現するパートナーです。マイクロソフトなど、世界のITリーダーと連携しながら、業務の生産性を向上するための様々なサービスの提供などを行っています。

その中でJBS沖縄事業所は企業の毎日を支えるITサポート業務を行っています。
企業は最新技術を取り入れる必要がある一方、そのシステムを理解して利用できていないと期待した投資効果は得られません。システムも飛行機も建物も作ってからが本番です!

【私たちJBS沖縄の目指す姿】
沖縄とJBSをリードする集団になる!
~ 沖縄から世界に通用するエンジニア集団へ
~ 家族・友人に自慢できる企業へ

沖縄での存在意義として東京・沖縄を問わず、
「ITプロフェッショナルであり、地域・社会に貢献できる人材を育成すること」単なる仕事のプロフェッショナルで終わらず、身に付けたスキルや知識を地域に還元していきたい。それこそが、私たちの目指す姿です。


【私たちJBS沖縄の働きかた RULE】
みんなで会社作り
~本当に良い~働く環境とは何なのかを追求していきたい、またその組織作りをこの沖縄でみんなでしていきたいと思っています。
自分が好きな会社を創る!そんな面白さがJBS沖縄事業所にはあります!


【私たちJBS沖縄のやりがい】
沖縄事業所は『世界的企業の毎日を動かして・支える』役目を持っています。
日々お客様が難なく業務を実施できるように沖縄事業所が抱えるエンジニアのナレッジ(知識量)で支えています。自分たちのサービスが毎日社員さんの笑顔に繋がり「あの企業を動かす」一部であることを実感できることが、私たちのやりがいです。

  • 日本ビジネスシステムズ株式会社 沖縄事業所の写真
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社 沖縄事業所の写真
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社 沖縄事業所の写真
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社 沖縄事業所の写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0036 沖縄県那覇市西2-15-1沖縄パナソニック特機株式会社2F
地図
TEL 098-880-3970
FAX 098-880-6016
HP https://www.jbs.co.jp/  
事業内容

世界の名だたる企業を顧客に持ち、《ユーザーエクスペリエンス》を実現するパートナー!お客さまのパフォーマンスやITへの投資効果を最大化するIT サービスを提供します。

《沖縄事業所事業内容》
リモートサービスによるアウトソーシング事業
■ ITオペレーションサポート(ヘルプデスク)
■ ITシステム運用 
■ インサイドセールス

プライバシーマーク
ISO/IEC 27001
ISO/IEC 20000

設立年月 1990年10月
代表者名 代表取締役社長 牧田 幸弘
資本金 5億3,963万円
従業員数 2,249名(2021年9月期・全社)
年間売上高 750億円(2021年9月期)
沿革 1990年
◆10月 
東京都港区芝に日本ビジネスシステムズ(株)を設立

1997年
◆9月 
JBS USA, Inc. を設立

2005年
◆5月 
ISMS/BS7799認証取得

2006年
◆9月 
ISO/IEC27001取得
日本テレビとの合弁会社(株)日テレITプロデュースを設立

2012年
◆10月 
シンガポールに現地法人を設立
◆11月 
上海に現地法人を設立

2014年
◆2月 
(株)三菱総合研究所、三菱総研DCS(株)と資本業務提携
◆6月 
メキシコに現地法人を設立
◆8月 
東京都港区虎ノ門に本社移転
◆9月 
マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー2014 2部門受賞

2015年
◆1月 
ISO20000 認証取得
◆8月 
JBS虎ノ門ヒルズオフィスが日経ニューオフィス賞のクリエイティブ・オフィス賞受賞

2015年
◆9月 
マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2015 3部門受賞

2016年
◆5月 
沖縄事業所を開設
◆6月 
プライバシーマーク取得
◆8月 
マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016 2部門受賞
◆10月 
JBS トレーニングセンター開設

2017年
◆2月 
香港に現地法人を設立
◆8月 
マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017受賞

2018年
◆6月 
2018 Microsoft Country Partner of the Year 受賞
◆8月 
マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2018受賞
支店・支店事業所 沖縄事業所
那覇西オフィス(沖縄県那覇市)
豊崎オフィス(沖縄県豊見城市)

北海道事業所(札幌)
中部事業所(名古屋)
西日本事業所(大阪)
九州事業所(福岡)
グループ会社・子会社・
関連会社
JBS USA, Inc.(米国)
JBS, S.A. de C.V. (メキシコ)
JBS上海有限公司(中国)
JBS Asia Pacific Pte. Ltd.(シンガポール)
JBS HK Limited(香港)
主要取引先 三菱UFJ銀行 (MUFG)
みずほ証券
ソフトバンクグループ
日本テレビ放送網
AIGテクノロジーズ
ディー・エイチ・エル・ジャパン
ナイキジャパン
スターバックスコーヒージャパン
本田技研工業株式会社 (HONDA)
バンダイナムコ ホールディングス
日本コカ・コーラ株式会社

他:HPをご確認ください。
https://www.jbs.co.jp/aboutus/customer
採用実績データ 過去5年間の新卒採用者数
・2018年度 6名(男女比 3+3)
・2019年度 4名(男女比 2+2)
・2020年度 5名(男女比 4+1)
・2021年度 7名(男女比 3+4)
求める人物像 ・誰かのために、一生懸命になれる
・あたらしい事にワクワクする
・IT業界に未来を感じる
・一人のプロフェッショナルとして成長していきたい

とにかく、ITの未来とJBS沖縄事業所の将来を楽しみにしていただける方!
募集職種 《ITサービスデスクエンジニア》
約束したシステムやサービスについて知識を蓄え、ユーザーエクスペリエンス向上を目指したユーザーサポートサービスを提供します

《ITシステム運用エンジニア》
お客様の業務について知識を蓄え、より効率よくシステムを利用頂くため運用サービスの提供、IT解決策を立案します。

《インサイドセールス》
新しい営業の形!東京、名古屋、大阪などに本社を持つJBSのお客さまに向けJBS全国の営業やマーケティングと連動し商談・影響活動を行います。



条件:
・地域限定正社員採用となります
・配属は新卒研修中の面接で貴方が興味のある分野を相談し決定します
採用予定人数 10
募集学部・学科 全学科・全学部
応募期間 2022年3月~2022年5月末 ※延長予定有
応募資格・条件 2023年3月卒業(大学院、大学、短大、専門)
※留学生可(但し日本語がビジネスレベルであることが条件)
※障がい者相談可
※既卒者可(但し卒業後1年以内)
必要書類 履歴書、成績証明書
(すべてパソコンで作成の上、PDFにて提出をお願いします)
応募方法 会社説明会に1回以上、参加いただいている方が応募いただけます
まずはイベントエントリーをお願いします

《エントリー2022年3月解禁後》
マイナビ2023イベントエントリー
選考方法・選考基準 3つのステップがあります。

《STEP1》会社見学会またはWEB会社説明会 
《STEP2》応募書類一式提出、WEB適性検査受講、WEB能力テスト
《STEP3》面接(計2回 1次WEB、2次現地)
採用スケジュール 選考    :随時開催
選考所要期間:1か月~1か月半
応募受付終了:2022年5月31日
選考期間終了:2022年6月30日
勤務地 沖縄県那覇市西2-15-1 沖縄パナソニック特機2階
日本ビジネスシステムズ株式会社 沖縄事業所
那覇西オフィス
勤務時間帯 平日(所定労働時間:7.5時間。1時間ランチ休憩)
通常勤務時間:9:00~17:30
給与 【大学院】          180,000円(在宅手当5000円含む)
例:住宅手当(世帯主・一人暮らしの場合)200,000円 
例:住宅手当(実家暮らしの場合)    190,000円

【大学・高専専攻】      173,000円(在宅手当5000円含む)
例:住宅手当(世帯主・一人暮らしの場合)193,000円 
例:住宅手当(実家暮らしの場合)    183,000円

【高専本科、短大、専門】   161,000円(在宅手当5000円含む)
例:住宅手当(世帯主・一人暮らしの場合)181,000円 
例:住宅手当(実家暮らしの場合)    171,000円

※既卒者(卒業後~1年)は基本的に大学卒と同様の給与及び研修を受けて頂くことを条件として採用いたします。
※沖縄職業能力開発大学校の応用過程は大学卒、専門課程は短大、専門の条件を適応いたします
昇給 年1回
※等級変更がある場合は年2回
賞与 年2回(6月・12月)
諸手当 通勤手当
時間外手当
在宅手当(出勤者も支給)
住宅手当(~20000円)
祝日休日出勤手当
緊急時出勤手当
役職手当
職務手当
休日・休暇 【休日】完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始
【休暇】年次有給休暇、リフレッシュ休暇、特別休暇(慶弔休暇、配偶者の出産)
【その他】時短勤務制度、ストック休暇制度、産前産後休業制度、育児休業制度、介護休業制度
保険 健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険
団体長期障害補償(GLTD)
福利厚生 沖縄事業所交流支援制度(ポイント制度)
確定拠出年金
財形貯蓄
社員持ち株会
慶弔見舞金(結婚、出産等)
健保組合保養所など
教育研修制度/人事制度/各種制度 資格取得支援制度(資格報奨金制度)
内定者・新卒研修(東京にて3ヵ月実施 ※費用全額会社負担)
年次・階層別研修
マインド育成(ポイント制度)
育成ツール(LinkedIn Learning無料提供)

メンター制度
ブラザーシスター制度
お問い合わせ連絡先
担当者 呉屋佐喜
住所 9000015 沖縄県那覇市西2-15-1
地図

青少年雇用情報

過去3年事業年度の 新卒採用者数・離職者数 ・2018年度 6名(男女⽐ 3+3)
・2019年度 4名(男女⽐ 2+2)
・2020年度 6名(男女⽐ 4+2)

過去3年間の新卒離職者数
・2017年度 2名
・2018年度 1名
・2019年度 1名
過去3年事業年度の 新卒採用者の男女別人数 ・2018年度 6名(男女⽐ 3+3)
・2019年度 4名(男女⽐ 2+2)
・2020年度 6名(男女⽐ 4+2)
平均勤続年数 2016年設立のためデータ無
平均年齢 34.4歳
研修 内容:新入社員研修、年次階層別研修、ビジネススキル研修、ITスキル研修 他
東京虎ノ門本社もしくは沖縄県内研修を受けて頂きます!
航空券手配・交通費・社宅・光熱費など費用はすべて会社より準備いたします
自己啓発支援の内容 内容:資格取得奨励金制度、TOEIC受験、カスタマイズ研修、LinkedIn Learning提供など
メンター制度の内容 ブラザーシスター制度 
メンター制度
キャリアコンサルティング制度の内容 キャリアプランは有
月平均所定外労働時間 月平均所定外労働時間 14.6時間 (1日40分ほど) 
有給休暇の平均取得日数 有休 10.5⽇
リフレッシュ休暇 5⽇
合計︓16.5⽇

★有休と特別休暇は以下が付与されます︕
初年度有休︓10⽇
リフレッシュ休暇(特別休暇)︓5⽇
育児休暇取得対象者・ 取得数 1名
役員・管理的地位にある者に占める女性の割合 6.25%
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

比嘉雅(ひが みやび)

比嘉雅(ひが みやび) さん

部署・役職
沖縄サービスオペレーション1グループ
出身学校
沖縄国際大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中で意識した事は、自己分析です。
長所・短所について、自分ではわからないところもあったので、同級生や先輩・後輩などに自分の長所・短所を聞いて自己分析をしていました。
「こうしておけばよかった」と感じたことは、ESの作成についてです。
ESの作成が遅くなってしまい、自分が志望する企業の面接に間に合わないことがあったので、早めに作成したほうがよかったと感じました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

一番の理由は、「会社の雰囲気」です。
企業説明会に参加し、実際に社員さんとお話ししてみて、JBSは「人」を大事にした企業だと感じたからです。「カスタマーファースト」の考え方はもちろん、社員のアイデアを話す機会や普段の感謝の気持ちを伝える制度があり、そこに魅力を感じました。
また、人材育成に力をいれており、資格取得のための勉強会や研修などが多くありIT初心者でも安心して入社できる会社だと思いました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

自分の興味がない分野の企業説明会にも積極的に参加することをオススメします。
企業説明会に参加することで、興味がある企業の選択肢が広がりますし、自分の向き・不向きについて再確認できます。
また、自分を飾らずに「自分らしさ」を伝えることで、面接でうまくいくことが多かったので、自己分析を重ねて「自分らしさ」を見つけていくのもいいと思います。

川田 隆一(カワタ リュウイチ)

川田 隆一(カワタ リュウイチ) さん

部署・役職
沖縄サービスオペレーション1グループ
出身学校
沖縄国際大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動で意識していた点としては、社会人として成長できる会社を探すことです。そのため、就職活動当初は進む分野を決めず、できるだけ多くの合同説明会に参加し、多くの情報を収集できるように意識しました。
気を付けなくてはいけない点としては、会社説明会等をすっぽかしてしまわないようにすることです。印象が悪くなってしまう可能性があるので、手帳やメモなどで日程をしっかり管理しておく習慣を身に着けるようにしましょう。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

初めての就職、さらには「IT」という未知の分野を学んでいくにあたって、学びやすさ、過ごしやすさは非常に重要だと考えていました。会社説明会で訪問した際にJBS社員とお話しする機会がありましたが、どの方も人当たりが良く、社内の雰囲気の良さが伝わり社内に清潔感にあふれていたこと、文系の学生も募集していたことから社内研修に期待ができたことが「ここで働きたい!」と思う大きな決め手となりました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職する会社を選ぶ際には給料を重視したり、楽しさを重視したり、自分の培ってきた能力を発揮できる所を選んだりと様々な基準があると思います。それらの兼ね合いをうまくとって自身が最も成長できると思える職を探すことが大切です。
周りと比べる必要はないので、焦らずしっかりと準備をして企業へ提出する書類の期限だけは遅れないように気を付けながら頑張ってください。

照喜名竜(テルキナ リョウ)

照喜名竜(テルキナ リョウ) さん

部署・役職
沖縄サービスオペレーション2グループ サービスリーダー
出身学校
沖縄国際大学 法学部地域行政学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

今後一緒に働くことになる「人」とのフィーリングが合うかを重視していた為、説明会に積極的に参加しました。興味のある業種だけではなくいろいろな企業の説明会に行くことで自分の就職に対して重視している核が見つけられると思います。
いろいろな企業の情報を集めるうちに資料が多くなりすぎて管理できなくなった時期がありました。断捨離の習慣をつけるのも効果的かと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

1つ目はQ1と同じですが、やはり「人」です。職場環境は人とのフィーリングが合うかによって決まると考えている為、一緒に働きたいと思える人がどれだけいるかを重視しました。合同企業説明会では、企業ごとに従業員の雰囲気がわかるので積極的に参加した方がいいと思います。
2つ目は研修や資格取得のサポートが手厚いことです。報奨金や勉強会にも参加できるので未経験でもどんどんスキルを習得でき、業務に活かせ、自信がつきます。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は長くなると気持ちが緩むときがあるので、しっかり休みながら自己分析を続けることが重要です。
実際に働くと楽しいですよ!
大変なこともありますが楽しい思い出になるので就活を満喫してください。