りゅうナビ

沖縄振興開発金融公庫

沖縄振興開発金融公庫

業 種
金融・保険・証券

沖縄公庫は、沖縄の振興開発を金融面から支援するため、昭和47年5月に設立された沖縄県のみを対象とする唯一の総合政策金融機関です。長期で良質な資金の安定的な供給を通じて、沖縄の経済の振興と社会の開発に取り組んでいます。

  • 沖縄振興開発金融公庫の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-8520 沖縄県那覇市おもろまち1-2-26
地図
TEL 098-941-1700
FAX 098-941-1940
HP https://www.okinawakouko.go.jp/
事業内容

一般の金融機関が行う金融サービスを補完し、民間投資を促進するため、電力・空港関連施設・ホテル等の地域開発事業や、中小・小規模事業者、農林漁業者の必要とする長期資金を出・融資により供給するほか、住宅・医療・教育等の生活分野における多様な資金ニーズにもお応えしています。また、蓄積した経済・金融情報やノウハウの提供により、各種の産業施策の立案やプロジェクトの企画形成の支援に加え、事業再生、創業者の支援、新規事業育成のための出資にも積極的に取り組んでいます。

設立年月 1972年05月
代表者名 理事長 川上 好久
資本金 831億円(令和2年3月末現在)
従業員数 215名(令和2年度予算定員)
業績 令和元年度 出・融資実績1,103億円
沿革 昭和47年5月15日、沖縄の本土復帰に伴い沖縄における政策金融を一元的・総合的に行うため「沖縄振興開発金融公庫法」に基づいて設立されました。
支店・支店事業所 沖縄県および東京都に計6店舗
<沖縄県>
本店(那覇市)、中部支店(沖縄市)、北部支店(名護市)、宮古支店(宮古島市)、八重山支店(石垣市)
<東京都>
東京本部(東京都港区)
採用実績データ 平成30年度入庫 8名(男性5名、女性3名)
平成31年度入庫 8名(男性7名、女性1名)
令和 2年度入庫 6名(男性3名、女性3名)
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

平良 花音(タイラ カノン)

平良 花音(タイラ カノン) さん

部署・役職
融資第二部 中小企業融資第二班
出身学校
長崎大学 多文化社会学部

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

会社説明会などに参加し、実際に働く先輩方と直接お話しできる機会を大事にすることで、働く自分をイメージすることができたと思います。また、興味のある会社を一覧表にし、「業務内容」、「歴史」、「求める人材」から「社風(印象)」「勤務時間」等、項目分けをして比較方式で各社への理解を深めることで、各社の特徴等を把握でき、面接等で質問された際にも同業他社との違いや当社ならではの強み等を答えることができました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

最終的な決め手はズバリ、「人」です。元々、地元沖縄に貢献できる企業に関心があったのですが、就活のなかでお世話になった素敵な先輩方に憧れ、一緒に働いてみたいと思うようになりました。実際、コロナ禍の入庫で不安だらけでしたが、忙しい中でも親切にサポートしてくれる先輩方がいたおかげで乗り越えられたこともたくさんあります。最終的な決め手を「人」にしたことについては、入庫後に良かったなと感じることが多いです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動で一番大事なことは、「楽しむこと」だと思います。就職活動期間は、「自分を知る」、「社会を知る」の両方において、多くの発見がある貴重な期間です。もちろん、大変なこともたくさんあるかと思いますが、その時は、家族や友人等、周りの人に思いっきり頼ってください。自分としっかり向き合い、自分らしさを大事にしながら、リラックスして臨む方が、それぞれの良さを最大限に発揮できると思います。

喜納 健介(キナ ケンスケ)

喜納 健介(キナ ケンスケ) さん

部署・役職
融資第二部 生衛・創業融資班
出身学校
琉球大学 法文学部

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

「失敗を恐れないこと」を意識しました。面接等で間違ったことを言ってしまわないかと考え、萎縮し、普段通りではない自分になってしまうことが多かったのです。しかし、失敗を恐れて自分らしさを出せないよりは、失敗した方がましだという気持ちを持つようにして、様々なことに積極的に取り組むことにしました。そうすると少しずつ自分らしさを出すことができ、充実した就職活動を行うことができるようになったと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

会社名のとおり、地元沖縄の発展に尽力できると感じたからです。会社説明会等への参加を通して、沖縄公庫が空港やモノレール、大型商業施設ほか、中小企業といった幅広い業種・業界に携わっており、私の身近なところで沖縄公庫が関わっていることを知りました。生まれも育ちもずっと沖縄だったので、社会人として働くにあたり、沖縄に恩返しができるということは、とてもやりがいのあることだと思い沖縄公庫を志望しました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は多種多様な企業について知ることができます。会社の個別説明会では、実際に働いている職員の姿を見ることもできたりします。これだけ多くの企業を知ることができる機会は人生でもそれほど多くありません。就職活動という貴重な機会を活かして多くの企業を見て欲しいと思います。興味が無いと思っていた業界でも意外と自分に合っていると思うこともあると思います。積極的に行動して就職活動を楽しんで欲しいと思います。

古謝 安志(コジャ ヤスシ)

古謝 安志(コジャ ヤスシ) さん

部署・役職
事業管理部 業務第二班
出身学校
琉球大学 観光産業科学部

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中に一番意識した事は、実際に説明会等に足を運び、企業の方とお話する機会を増やしたことです。企業の方と直接話すことで、採用HP等では分からなかった会社の魅力に気づいたり、その会社で働く自分を想像できるか考えるきっかけになりました。また、ひとりで就職活動の悩みを抱え込まないように友人や家族等周りの人に積極的に相談していたことも、楽しみながら就職活動に取り組むことができた理由だと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

「地元沖縄に貢献する生き方をしていきたい」という思いと「様々な業種の方と関わる仕事がしたい」という思いが一致した会社であったことが沖縄公庫を志望した一番の決め手です。金融機関を志望した理由としては、金融面から多様な業種の方々を支えることができるという点に魅力を感じたからです。実際に働いている職員とお話を重ねるなかで、先述の2つの思いを叶える事ができる会社だと思い、沖縄公庫への入庫を決断しました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動中は、企業、業界だけでなく、自分自身について客観的に深く考えることができる絶好の機会です。自分自身について考える中で、他人と比較し、劣等感を感じたり、焦ったりすることもあると思います。しかし、その経験はきっと自分自身にとって貴重なものであり、今後の社会人人生のなかで大きな糧となるはずです。是非楽しみながら、悔いの無いように就職活動を頑張ってください。