りゅうナビ

ALSOK沖縄綜合警備保障 株式会社

ALSOK沖縄綜合警備保障 株式会社

業 種
その他

警備会社って、男性だけの仕事と思っていませんか?

実は女性の警備員も大活躍しているんです!
昨年度もたくさんの女性の警備員が誕生し活躍しています。
資格がなくても大丈夫!
入社後に先輩方がしっかりサポートして資格取得を目指し
沖縄の安全・安心な街づくりを一緒に目指しましょう!

福利厚生制度には、誕生日休暇制度、福利厚生倶楽部の割引を使っての
休日を楽しむ制度もあります。
また、スポーツ活動も盛んで、柔道クラブでは全国大会第2部で準優勝
レスリング大会においても個人で準優勝するなど実績も豊富です。
また、野球クラブにおいても社会人野球大会に出場するなど、これから
活躍が楽しみなチームです。


まずは、会社見学会から!(毎週火曜日開催中)
見学会に参加した学生さんからは「会社の雰囲気が楽しそうで見学して
良かった」との声をいただいています。
お気軽にお電話ください。お待ちしてます('ω')ノ
 

  • ALSOK沖縄綜合警備保障 株式会社の写真
  • ALSOK沖縄綜合警備保障 株式会社の写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-11-10
地図
TEL 098-870-2500
FAX 098-899-2306
HP https://www.alsok-oki.co.jp/
事業内容

【警備業全般】
 機械警備業務
 常駐警備業務
 警備輸送業務
 空港手荷物検査業務
 その他セキュリティ機器販売等

設立年月 1968年12月
代表者名 代表取締役社長 池田 典夫
資本金 4,000万円
従業員数 654名
年間売上高 39億円
沿革 昭和43年12月 会社設立、本社を那覇市久茂地1-50に置く常駐警備業務開始
      (初代)國吉 真優 社長就任
昭和44年12月 大阪万博博覧会場警備に84名派遣
昭和45年11月 北部営業所( 現北部支社)開設
昭和45年12月 機械警備業務開始
昭和49年3月 ハイジャック等防止検査業務開始
昭和50年5月 (第2代)幸地 長恵 社長就任
昭和50年7月 沖縄国際海洋博覧会場を警備
昭和52年10月 八重山営業所開設
昭和56年1月 一般区域〔限定〕貨物自動車運送事業免許取得
昭和56年2月 一般区域〔限定〕貨物運送業務開始
昭和58年4月 宮古出張所開設
昭和58年4月 銀行の無人化対応(アマンド)システムの導入
昭和58年10月 新機械警備管理システム導入
昭和59年5月 (第3代)金城 盛次 社長就任
昭和60年11月 衛星中継通信実験成功(於那覇漫湖公園)
昭和61年7月 損害保険代理業務開始
昭和62年5月 (第4代)西川 寛伸 社長就任
昭和62年10月 事務管理システムの導入
平成2年7月 機械警備用コンピュータを多情報化対応へ変更
平成5年8月 子会社設立(沖縄綜合管財株式会社)
平成6年4月 那覇空港営業所開設(現空港業務管理部)
平成6年9月 一般区域「一般」貨物自動車運送事業免許取得
平成7年12月 株式会社沖縄銀行と集配金業務提携
平成8年6月 (第5代)上江洌 利男 社長就任
平成8年12月 本社移転(宜野湾市大山7丁目11番10号)、中部営業所を統合
平成8年12月 那覇支社開設
平成10年8月 ISDN回線を使用した最新機械警備システムの導入
平成12年3月 久米島営業所開設
平成12年4月 県内金融機関6行庫と現金自動預払機(ATM)の共同運営に合意
平成12年6月 (第6代)比嘉 森男 社長就任
平成12年7月 第26回主要国首脳会議(九州・沖縄サミット)
       会場および主要ライフライン施設を警備
平成15年1月 機械警備用コンピュータシステムを新統合型システムへ移行
平成17年4月 米州開発銀行(IDB)第46回年次総会/米州投資公社(IIC)
       第20回年次総会沖縄開催会場を警備
平成18年1月 那覇空港国内線保安検査業務開始
平成19年6月 (第7代)喜屋武 盛賢 社長就任
平成20年12月 創立40周年
平成21年12月 「緊急人材育成・就職支援金」の一環として、
       ウェルカルチャースクール主催の警備コース研修に講師を派遣
平成22年5月 沖縄県警より本島中部・北部地区および八重山地区において
       地域安全パトロール業務を受託
平成22年5月 建設業許可(沖縄県知事)電気工事業 認可
平成22年8月 県内の警備業において初のISO9001:2008認証取得
平成22年10月 第8回APEC電気通信・情報産業大臣会合会場を警備
平成23年5月 沖縄セルラースタジアム那覇初のプロ野球オープン戦会場を警備
平成23年5月 本社警送業務室の増築落成
平成23年12月 社団法人全日本トラック協会「安全性優良事業所(Gマーク)」認定
平成24年3月 沖縄海邦銀行ATMアウトソーシング業務締結
平成24年4月 那覇空港国際線保安検査業務開始
平成24年10月 LCC保安検査業務開始
平成24年10月 日本オープンゴルフ沖縄大会の会場警備
平成24年11月 豊かな海作り沖縄大会の会場警備
平成25年4月 日本郵便新規業務開始
平成25年6月 沖縄銀行外貨両替機業務開始
平成25年7月 那覇空港国内線ターミナルC検査場保安検査業務開始
平成25年12月 創立45周年
平成26年2月 新国際ターミナルビル空港検査業務開始
平成26年3月 新規学卒採用強化 高等学校卒業生41名入社
平成26年3月 新入社員合宿研修導入
平成26年12月 ANAのスイートラウンジ空港保安検査業務開始
平成27年10月 空港保安検査員の制服を観光立県沖縄にマッチする
       ピンク基調の制服にリニューアル
平成27年4月 那覇支社を廃止し、那覇待機所新設(平成30年10月廃止)
平成27年11月 サイバーセキュリティ会議及びアジア弁理士協会総会の会場警備
平成28年3月 久米島営業所移転
平成28年4月 宿泊保養所新設
平成28年9月 北部支社移転
平成28年11月 八重山営業所移転
平成29年4月 福利厚生倶楽部入会
平成29年12月 地域未来牽引企業に選定
平成30年2月 ALSOK電報運用開始
平成30年3月 防衛大臣 予備自衛官等協力事業所に認定
平成30年6月 (第8代)池田 典夫 社長就任
平成30年12月 創立50周年
支店・支店事業所 北部支社、八重山営業所、宮古営業所、久米島営業所
グループ会社・子会社・
関連会社
ALSOKグループ(日本全国アジアを含め80社)
子会社:沖縄綜合管財株式会社
主要取引先 沖縄県内の各種金融機関、那覇空港及び航空各社、大型デパート及びスーパー等
採用実績データ 令和 2年 45名(男27名、女18名)
平成31年 45名(男22名、女23名)
平成30年 23名(男10名 女13名)
平成29年 32名(男20名、女12名) 
平成28年 32名(男14名、女18名) 
求める人物像 「誰かの役にたちたい」
「地域に貢献したい」
「誇れる仕事がしたい」
そんなあなたと一緒に沖縄の安全と安心を守りたい。
募集職種 警備職・技術職(正社員)
職務内容 [1]ALSOK隊員として様々な警備業務を担当します。
 (1)機械警備業務
 (2)警備輸送業務
 (3)常駐警備業務
 (4)空港手荷物検査業務

[2]ALSOK技術員(防犯機器のメンテナンス)
採用予定人数 26~30名
募集学部・学科 全学部・全学科
応募期間 1次:2020年6月~9月
2次:2020年10月~2021年2月
必要書類 履歴書、成績証明書、卒業見込み証明書
応募方法 電話連絡の上、表記書類をご郵送ください

■応募書類郵送先
〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-11-10
沖縄綜合警備保障株式会社
採用担当 大城、岸良、石川 宛
e-mail✉:saiyou@alsok-oki.co.jp
選考方法・選考基準 面接、筆記試験、作文
採用スケジュール 各種エントリー 

一次選考
↓    
二次選考
↓    
選考結果発表  

【2次募集】
各種エントリー 電話連絡・当社ホームページ・各種ナビサイト

一次選考    面接・適性検査

二次選考    面接

選考結果発表  一次・二次選考の結果を検討次第、発表。

※応募時期・書類の提出は随時受け付けておりますが、先にご提出いただいた方から優先的に選考にご案内しておりますので、お早めにご提出お願い致します。
勤務時間帯 シフト制
(1)8:00~18:00
(2)12:00~21:00
(3)14:00~21:30
その他業務毎に勤務時間設定あり

※時間外/あり(月平均40時間)
※休憩時間/60分
給与 大学 月給160,000円~
短大 月給150,000円~
専門学校 月給150,000円~
※他諸手当有

【初年度モデル月収例】
■大学卒
基本給:160,000円
時間外手当(30時間):34,680円
合計:194,680円

■短大・専門卒
基本給:150,000円
時間外手当(30時間):32,520円
合計:182,520円
昇給 年1回 定期昇給1,000円
賞与 年2回 各100,000円
諸手当 マイカー通勤可
※通勤手当、最高月額24,500円まで
休日・休暇 年間休日数107日(月8~10日)
有給休暇(6ヵ月経過後10日 最大20日)
誕生日休暇制度
保険 社会保険完備
①厚生年金、②健康保険、③雇用保険、④労災保険
福利厚生 ①財形制度
②育児休業・介護休業
③福利厚生倶楽部
※旅行、宿泊、食事の割引に加え、当社独自のサービスなどを社員=会員として受けることができます。
④宿泊保養所
※恩納村にある1戸建ての宿泊保養所を保有しており、社員は1泊2,000円で利用できるため、家族や友人同士で利用しています。
⑤誕生日カタログギフト(カタログの中から好きなプレゼントを選べます!)
教育研修制度/人事制度/各種制度 ①新任研修
②コンプライアンス研修
③階層別研修
④出張研修・社外研修
⑤ALSOKグループ研修等
お問い合わせ連絡先 担当者:大城、石川
電話番号:098-870-2500
メールアドレス:saiyou@alsok-oki.co.jp
沖縄県宜野湾市大山7-11-10
地図

青少年雇用情報

過去3年事業年度の 新卒採用者数・離職者数 ■過去3年間の新卒採用者数
2019年 49名
2018年 50名
2017年 22名

■過去3年間の新卒離職者数
2019年 4名
2018年 10名
2017年 13名
過去3年事業年度の 新卒採用者の男女別人数 2019年 33名(男19名、女14名)※R1年10月現在内定者数
2018年 50名(男22名、女28名) 
2017年 22名(男10名、女12名) 
2016年 31名(男21名、女10名)
研修 新任研修、コンプライアンス研修、階層別研修、出張研修、ALSOKグループ研修等
メンター制度の内容 メンター員を選定して新卒社員のフォローを実施中。
開催日 イベント名
警備のイメージがで~じ変わる1日

詳細を見る

単独会社見学会(毎週火曜日実施)

詳細を見る

2020.04.28
★★【ALSOK沖縄 WEB会社説明会】弊社を知るにはこちらから★★

詳細を見る

★★【ALSOK沖縄 オンライン会社説明会】弊社を知るにはこちらから★★

詳細を見る

【6月】~弊社を知るにはこちらから!~オンライン会社説明会

詳細を見る

【7月】~弊社を知るにはこちらから!~オンライン会社説明会

詳細を見る

田場 球実子(タバ クミコ)

田場 球実子(タバ クミコ) さん

部署・役職
空港業務管理部
出身学校
沖縄国際大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

 大学の就活支援課や説明会に多く参加し、情報収集を行うとともに「自己分析」に力をいれました。業界や企業のことを調べながら、今の自分自身を客観的に見て、照らし合わせ自分がこの会社でやりたいこととは何かをはっきりさせました。自分の長所や短所を探し、セールスポイントを見つけ、自己PRにも活かしました。ひとつ後悔があるとしたら、もっと先輩方(OB/OG)の方から話を聞けば良かったと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

 主業務である「空港業務」にひかれました。実際に会社見学に参加して現場の様子を見た時に若い人も多く、何より女性が活躍できる現場だと感じました。また、警備職は責任感が強く持てる仕事であり、自分を成長させることができると思ったのが決め手です。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

 合否の結果がでたり、周りの友人が内定をもらいはじめると自然と不安から焦りも出てくると思います。自分の軸をしっかりと定めて、背伸びせず自然体でいれば、自分に見合った会社に必ず巡り合えるはずです。あと、同じ就活仲間を大切に!私は友人との食事に行くことでストレス解消してました。頑張ってください!!

知念 龍平(チネン リュウヘイ)

知念 龍平(チネン リュウヘイ) さん

部署・役職
セキュリティサービス部 機械警備隊 隊長

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

 私は就職活動をするなかで、様々なことをしていましたが、一番気を付けていたことは、「身だしなみ」でした。当たり前だと思われがちですが、意外と出来ていないことが多いと思います。面接は会って数分で合否が決まる世界なので、第一印象は大事だと考えていました。したがって、「身だしなみ」には細心の注意を払っていました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

 職場環境と職員の人柄の良さです。説明会や面接の時、親身になって対応してくれたのがとても印象的で、同じ職場で仕事がしたいと強く思いました。又、業務内容を聞いて私自身が学生の頃から続けている柔道を活かす事ができると感じ「警備」という仕事を選びました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

 就活で大事なのは私の経験上、「どこで働くか」より「誰と働くか」です。
一日の大半を過ごす会社、一緒に働く仲間によって将来は大きく変わります。「一緒に頑張れる仲間がいる」 「目標とする先輩がいる」 「尊敬できる上司がいる」そんな会社を探してみてください。

内間 健人(ウチマ ケント)

内間 健人(ウチマ ケント) さん

部署・役職
警送サービス部 共載現送隊

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

 一般教養を身につける事、面接で普段からの言葉づかいや態度が出ると思っていたので、普段から目上の人や先輩と話す時も気をつけるようにしました。私の場合、部活動をしていたこともあり、周りの人より2~3ヶ月程就職活動を始めるのが遅くなりました。周りが内定をもらっていき、少し焦りがありました。時間を自分で見つけ、少しでも企業に興味を向ける事が大事だったんだと思いました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

 地元に戻って就職したい気持ちと、少しでも人々の役に立ちたい、他企業の役に立てるような仕事がしたいと思っていました。そんな時、高校時代から親交のあった先輩に警送サービス部の業務内容を聞き、この仕事がしたいと思いました。主に、貴重品と呼ばれるものを運搬する業務やATMの現金補充作業を行っています。安全にお客様の元に貴重品を運搬し、業務が終了した時は達成感を得ることが出来るため、この会社に入社して色々な経験が出来て良かったと思ってます。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

 自分のやりたい仕事が何なのか、実際に社会人になるまで分からない人も少なくないと思います。私も学生の頃、明確にこの仕事がしたい!というのはありませんでした。それでも何か自分のしたい事が合同企業説明会等に参加して見つかるかもしれません。就職活動は人生の中でそこまで長い時間・期間ではありません。しかし、この先長い人生の社会人生活を決める大事な時間・時期には変わりありません。少しでも自分のしたい・興味のあるジャンルの仕事に就くことが出来れば、楽しいこと・満足のいく仕事が待っています。この短い期間にもう一度、自分のしたい仕事・やりたいことを見つめ直し、悔いのない就職活動をして社会人になれるよう、そして、社会に出ても就職活動中の気持ちを忘れず、頑張ってください!