りゅうナビ

沖縄県労働金庫

沖縄県労働金庫

業 種
金融・保険・証券

【目的】ろうきんは、働くひとのための福祉金融機関です。
ろうきんは、労働組合などを構成する勤労者が、暮らしを助け合うためにお互いの資金を集めて作られた金融機関です。暮らしの中に生まれる様々な金融ニーズに応えられる金融機能の向上を図りながら、人々が喜びをもって共生できる社会の実現を目指します。 

【運営】ろうきんは、営利を目的としない金融機関です。
ろうきんは、労働金庫法という法律に基づいて営利を目的とせず公平かつ民主的に運営されています。会員は平等の立場でろうきんを利用するだけでなく、ろうきんの運営にも参画し、自らの活動と協同組織の運動を築いています。

【運用】ろうきんは、生活者本位に考える金融機関です。
ろうきんの業務内容は、預金や融資、各種金融サービスなど、他の金融機関とほとんど変わりません。しかし資金の運用が違います。お預かりした資金は、相互のネットワークの中で住宅・教育・車・結婚資金など、勤労者とその家族の暮らしを守り向上させていくために役立てられます。

  • 沖縄県労働金庫の写真
  • 沖縄県労働金庫の写真
  • 沖縄県労働金庫の写真
  • 沖縄県労働金庫の写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0029 沖縄県那覇市旭町1番地9
地図
TEL 098-866-0236
FAX 098-866-6050
HP http://www.okinawa-rokin.or.jp/
事業内容

労働金庫業務(預金業務・貸出業務・為替業務等)

設立年月 1966年02月
代表者名 理事長 高良 恵一
出資金 9億50百万円(2019年3月末)
従業員数 151名(正職員 2019年3月末現在)
業績 【経常収益】36億25百万円(2019年3月末)
支店・支店事業所 12店舗※バーチャル店舗(インターネット沖縄支店)を含みます。
採用実績データ 【採用者数】
2019年度:8人
2018年度:5人
2017年度:5人
求める人物像 1.「ろうきんの理念」を念頭に「主体性」を持ち行動できる人
2.勤労者福祉金融のプロとして働く人の夢の実現に貢献できる人
3.金庫の健全な発展のため挑戦する意思、改革する精神を持ち続ける人
4.誠実・公正を旨とし、会員・顧客の信頼に応えることのできる人
5.自己の目標に向け全力で取り組む人
6.コミュニケーションとチームワークを重視し、活力ある職場を創ることのできる人
募集職種 総合職(預金、融資、渉外、その他業務)/正職員
職務内容 労働金庫業務(預金、融資、渉外、その他)
採用予定人数 若干名
募集学部・学科 全学部・全学科
応募期間 2020年4月1日より開始予定

※詳細は「当金庫ホームページ」および「マイナビ2021」サイトに掲載いたします。
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp80702/outline.html

【新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う採用試験日程変更のお知らせ】
新型コロナウィルス感染拡大防止の為、以下の通り日程変更を行いますのでご確認ください。

1.願書受付応募締切
2020年5月24日(日)

2.一次試験(適性検査、基礎能力診断)
2020年6月8日(月)~21日(日)
必要書類 (1)WEBエントリーシートまたは受験申込書※
(2)成績証明書
(3)卒業(見込)証明書
※WEBエントリーシート:マイナビよりエントリー 受験申込書:当金庫ホームページよりダウンロード
■大学院卒業(見込)者は大学及び大学院の成績証明書をご提出ください。
■受験申込書等の提出書類は、当金庫の採用業務にのみ利用いたします。また、採用選考上、不採用または辞退した場合、採用業務に使用後は当金庫の責任において適切に裁断・焼却いたします。なお、原則として応募書類については返却いたしません。
応募方法 上記『提出書類』を『応募期間内』にご郵送ください。
※応募書類の受付は郵送のみ可

【郵送先】
〒900-0029
沖縄県那覇市旭町1番地9
沖縄県労働金庫 総務人事部人事課 採用担当宛
選考方法・選考基準 第一次試験・・・適性検査、基礎能力診断 
第二次試験・・・面接(集団・個人)
採用スケジュール ◎書類受付
  ▼
◎第一次試験:適性検査、基礎能力診断 
  ▼
◎第二次試験:面接(集団・個人)
  ▼
◎内 定

**採用試験につきましては下記の通りを予定しております。**

マイナビよりエントリー

応募書類提出・・・5月24日応募締切(消印有効)
※「受験申込書(WEB)」または「受験申込書」どちらかをご提出ください
※「受験申込書(WEB)」については別途ご案内します

適性検査・・・受検期間:6月8日~6月21日まで

1次面接(集団)・・・7月上旬予定
▼ 
最終面接(個人)・・・7月上旬予定

内定
勤務時間帯 8:40~17:00
※ローンプラザは別途規定あり
※実働7時間20分 休憩1時間
給与 大学卒 月給 183,000円(2019年度実績)
短大卒 月給 168,000円(2019年度実績)
昇給 年1回(7月)
賞与 年2回
諸手当 通勤手当、子ども手当、赴任手当、転居を伴う異動の際支度金など
休日・休暇 完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、年次有給休暇(初年度16日、2年度18日、3年度以降20日)、時間単位年休制度、季節休暇4日、産前・産後休暇、妊婦通院休暇、つわり休暇、結婚休暇、配偶者出産休暇、子の看護休暇、介護休暇、忌引休暇、裁判員休暇、L休暇
保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生 企業年金基金、確定拠出年金、健康診断、慶弔給付金、共済会(生命・慶弔・交通災害共済への加入)、財形貯蓄など
教育研修制度/人事制度/各種制度 新入職員研修、職制別・職務別・課題別研修、全国労働金庫協会主催研修、各種通信講座、各種検定試験、公的資格等奨励金制度
お問い合わせ連絡先 担当者:総務人事部人事課 採用担当宛
電話番号:098-866-0236
沖縄県那覇市旭町1番地9
地図

青少年雇用情報

過去3年事業年度の 新卒採用者数・離職者数 2019年度採用実績  8名
2018年度採用実績  5名
2017年度採用実績  4名
過去3年事業年度の 新卒採用者の男女別人数 2019年度 男性3名 女性5名 
2018年度 男性3名 女性2名
2017年度 男性3名 女性1名
平均勤続年数 14年6ヵ月(正職員 2018年度実績)
平均年齢 38歳9ヵ月(2018年度実績)
研修 新入職員研修、職制別・職務別・課題別研修、全国労働金庫協会主催研修、各種通信講座、各種検定試験、公的資格等奨励金制度
自己啓発支援の内容 通信教育・・・必須・選択コースは修了証取得者に対し受講料を金庫が全額負担する。
検定試験・・・必須コースの受験料は、合格した場合、金庫が全額負担する。
公的資格等奨励金・・・金庫が定める資格等を取得した場合、所定の奨励金を支給する。
有給休暇の平均取得日数 14日(2018年度実績)
育児休暇取得対象者・ 取得数 (2018年度実績)
     男性   女性   合計
対象者  4名    9名   13名
取得者  1名    9名   10名
役員・管理的地位にある者に占める女性の割合 (2018年度実績)
36.4%(44名中16名)
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

桃原 加奈(トウバル カナ )

桃原 加奈(トウバル カナ ) さん

部署・役職
与那原支店
出身学校
沖縄国際大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

気を付けたことは、言葉遣いと座り方です。面接のときの印象を良くしていきたいと考えて、普段の生活から先輩や先生には敬語を使い丁寧に話すこと意識しました。また、座り方も気を付けました。当たり前のことですが、その当たり前ができてなかったので気を付けて直すようにしました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

決め手は、福利厚生がしっかりしていたことです。結婚、出産後も働きたいと考えていたので、休暇制度がしっかりしているところに魅力を感じました。実際、育児休職から復職後も仕事と育児を両立しながら働いている先輩方がたくさんいます。また、福祉金融機関ということもあり、大学で少し福祉について学んでいたので、役に立つと思い入庫を決めました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動が面倒くさいとかやる気ないなと言わずに行動することが大事です!積極的に行動し、いろんな会社の特徴や特色を知ることで、自分の納得したところに就職できると思います。きつくなったら、周りの友達と協力しながら、自分のペースで活動するのもいいと思います!まずは、企業説明会やOB・OG訪問などに行き、職場の雰囲気や情報をしっかりつかむことが必要だと思います!大変な時期だとは思いますが、自信をもって頑張ってください!!

島袋 大貴(シマブクロ ダイキ)

島袋 大貴(シマブクロ ダイキ) さん

部署・役職
ローンプラザおもろまち
出身学校
琉球大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中で気をつけた事は企業研究を入念に行ったことです。同じ就活仲間やネット、大学の就職支援センターなどを活用し、情報をしっかり集めました。また、会社訪問等やOBOG訪問を積極的に行い、その企業の雰囲気を感じるようにしました。入社後にやっぱりあの企業にすればよかったなど後悔しないようにしっかりと企業研究、会社訪問等は行ったほうがいいと思いました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

私は大学時代から金融業界に興味があり、県内ほとんどの金融機関の企業説明会、OBOG訪問等に参加しました。その中で、営利を目的とせず、働く人のための福祉金融機関という独自性に惹かれました。また、明るく和やかな雰囲気でアットホームな職場だと感じたのも決め手の一つでした。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は様々な業種、企業との出会いで溢れています。だからこそ、まずは自分自身を知る「自己分析」が大切だと思います。本当にやりたい仕事は何か、自分に向いている仕事は何なのか、就職活動を通じ考えるいい機会だと思うので、全力でトライしてみてほしいです。また、就活中は不安や焦りが出てくることもあるかと思いますが、周りと比較しすぎず、時には息抜きもしながら、自分のペースで取り組んでいけば必ず良い結果につながると思います!