りゅうナビ

公共財団法人 近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院

公共財団法人 近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院

業 種
医療・介護

公益財団法人近江兄弟社 理事長
ヴォーリズ記念病院 管理者
三ッ浪 健一

公益財団法人近江兄弟社は1918年3月設立の近江基督教慈善教化財団を前身とし、1940年12月には財団法人近江兄弟社と改称しました。2012年4月からは、本部事務局、ヴォーリズ記念病院、在宅サービス部門、ヴォーリズ老健センターの4事業所が全体として公益財団法人に認定され、創立者ウィリアム・メレル・ヴォーリズの精神を継承する諸事業を行いながら、「地域医療の予防から終末期まで住民が安心して暮らせる地域社会の実現に寄与する事業」を公益目的事業として実施しています。2016年4月から、その公益目的事業について「地域包括支援センターの運営を追加する」ことが認められて近江八幡市中北部地域包括支援センターの運営を開始し、さらに2017年4月からは近江八幡市の認定のもとに、在宅サービス部門に新設された看護小規模多機能型居宅介護「友愛の家ヴォーリズ」が活動を開始しました。これらにより、設立後100年を超えた当法人は、地域の方々すべてが、住み慣れた地域や自宅でいつまでも、自分らしく生きがいを持って生き続けることができるよう、地域包括ケアの推進に力を注いでおります。これまで以上に、皆様のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

  • 公共財団法人 近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院の写真
  • 公共財団法人 近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院の写真
  • 公共財団法人 近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院の写真
  • 公共財団法人 近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院の写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒523-8523 滋賀県近江八幡市北之庄町492
地図
TEL 0748-32-5211
FAX 0748-32-2152
HP http://www.vories.or.jp/
従業員数 370名
沿革 1905年(明治38年) 2月 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 来幡
1914年(大正 3年) 6月 北之庄に4,000坪の土地を購入
路傍に無料休憩所 ロー・レスト・ハウスを設置
1918年(大正 7年) 3月 近江基督教慈善教化財団(現 公益財団法人近江兄弟社) 設立
5月 ミス・ツッカーより5,000ドルの寄付を得て
結核療養所 近江療養院 開設
1937年(昭和12年) 4月 礼拝堂(現 有形登録文化財)竣工
1945年(昭和20年) 6月 近江療養院 陸軍に徴用される
9月 終戦により返還され近江療養院 再発足
1946年(昭和21年) 7月 近江サナトリアムと改称
1964年(昭和39年) 5月 一柳米来留(ウイリアム・メレル・ヴォーリズ)召天
1966年(昭和41年) 3月 新館(現 別館)開設
1971年(昭和46年) 5月 「ヴォーリズ記念病院」と改称
1991年(平成 3年) 6月 本館(外来 一般病床) 開設
1993年(平成 5年) 12月 訪問看護ステーション はちまん 開設
1994年(平成 6年) 4月 福堂診療所(東近江市)開設
1997年(平成 9年) 4月 訪問看護ステーション ヴォーリズ 開設
1998年(平成10年) 3月 ヴォーリズ老健センター 開設
8月 ホームヘルパーステーション ヴォーリズ 開設
2000年(平成12年) 2月 結核病棟閉鎖
4月 ヴォーリズ居宅介護支援事業所 開設
療養病棟(新館) 開設
2002年(平成14年) 4月 社会福祉法人地塩会 ケアハウス信愛館 開設
2006年(平成18年) 6月 メディカル・フィットネスセンター・ヴォーリズ 開設
(平和堂近江八幡店内)
10月 ホスピス希望館(緩和ケア病棟) 開設
2007年(平成19年) 4月 いきいきサロン ヴォーリズ 開設
アンドリュース記念館(旧 YMCA会館)
2008年(平成20年) 10月 訪問看護ステーション(はちまん&ヴォーリズ)が
合併し「訪問看護ステーションヴォーリズ」となる
2009年(平成21年) 3月 福堂診療所 閉所
8月 回復期リハビリ病棟 開設
2012年(平成24年) 4月 公益財団法人として認可される
2014年(平成26年) 4月 リハビリテーションセンター「東館」 開設
2014年(平成26年) 11月 メディカル・フィットネスセンター・ヴォーリズ
平和堂近江八幡店内閉鎖
ヴォーリズ老健センター内へ移設
2017年(平成29年) 5月 看護小規模多機能型居宅介護「友愛の家ヴォーリズ」開所
募集職種 【1】看護師(正職員)
【2】介護福祉士(正職員)
【3】看護助手(正職員)
職務内容 【1】看護師(正職員)/【2】介護福祉士(正職員)
病棟での看護業務全般
一般病棟、療養病棟、回復期リハ病棟、緩和ケア病棟 (二交替)

【2】看護助手(正職員)
病棟内での看護補助業務全般(食事・入浴介助、身体介助等)
必要書類 【1】看護師(正職員)/【2】介護福祉士(正職員)/【3】看護助手(正職員)
履歴書、職務経歴書
応募方法 ☆当院HPよりエントリーください。
http://vories.or.jp/cms_recruit/?cat=1
選考方法・選考基準 【1】看護師(正職員)/【2】介護福祉士(正職員)/【3】看護助手(正職員)
面接
勤務時間帯 【1】看護師(正職員)
①日勤  8:30~17:00
②早出  6:30~15:00
③遅出 12:00~20:30
※その他のシフトは就業規則に準拠します
※変則勤務可能な方を希望致します

【2】介護福祉士(正職員)
8:30~17:00(日勤)他(交代勤務有)早出、遅出、夜勤


【3】看護助手(正職員)
①日勤  8:30~17:00
②早出  6:30~15:00
③遅出 12:00~20:30
※その他のシフトは就業規則に準処します
※変則勤務可能な方を希望致します
給与 【1】看護師(正職員)
基本給 194,000~264,000円(経験者考慮します)

【2】介護福祉士(正職員)
基本給 162,000~183,000円(経験者考慮します)

【3】看護助手(正職員)
基本給 150,000~158,000円
昇給 年1回
賞与 年1回
諸手当 夜勤手当、扶養手当、時間外勤務手当
住居手当(上限20,000円、賃貸)
通勤手当(上限30,000円、実費支給)
賞与(夏・冬2回)、昇給(毎年1回9月) 等
休日・休暇 年間休日数120日、週休2日/シフト制
年次有給休暇:初年度10日間(4月採用)
産前・産後休暇/育児休暇/子の看護休暇/介護休暇(法律に準ずる)
など
保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災、財形、退職金制度(勤続2年以上)
福利厚生 【ヴォーリズ記念病院 職員会】
(病院に勤務する職員をもって組織する)
① 永年勤続表彰
    勤務年数により寸志・食事券贈呈
② 厚生旅行(諸事情により決定)
    日帰り旅行、一泊旅行
③ 独身寮(ワンルーム)
    使用料(1ヶ月 10,500円)
④ 院内保育所完備
    24時間保育対応しています(曜日限定)
⑤ 行事
    新入社員歓迎会(病院と合同)
    親睦旅行(日帰り)
    職員会親睦会

【近江兄弟社 社員会】
(近江兄弟社グループの関連事業帯で、常勤雇用された職員を以て構成される)
① 共済事業(共済金給付)
傷病金給付→医療費・眼鏡費
    慶弔金給付→結婚・出産・入学・成人・慶弔
    餞別金給付→死亡を除く退職者に対し
② 文化事業(事業活動)
    創立記念の夕べ、新入職員オリエンテーション
    その他文化活動に対する補助金交付(映画鑑賞・図書等に対する補助)
③ 行事事業(事業活動)
    創立記念式、恒春園記念式、クリスマス、その他の事業
④ 体育事業(事業活動)
    ボウリング大会、バスツアー、新入職員歓迎会 
⑤ 融通金貸付
入職後1年以上の職員が病気、住宅、学費等、生活のための不時の出費を必要と
する場合、確実な返済方法を定めて貸付を行う。(貸付限度額100万円以内)
教育研修制度/人事制度/各種制度 【教育支援】
・クリニカルラダー別研修(体験型研修・eラーニング研修)
・研修会(伝達講習・研究発表会・事例検討会)
・プリセプター制度
・他部署見学、体験

【人事制度】
お問い合わせ連絡先
担当者 人事担当 岡田
住所 523-8523 滋賀県近江八幡市北之庄町492番地
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

Aさん(エーサン) さん

部署・役職
看護部 看護師

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

まず気になっている職場の見学に行くことと、その職場に知り合いがいれば、話を聞いて参考にしていました。こうすることで、就職してから自分が思っていたのと違ったという事が少なくなると思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

この病院は、実習でもお世話になっており、看護師の方が患者さんに、とても丁寧に接しておられたのが印象的でした。また、地元に恩返しをしたいという気持ちがあるのと、この病院が、ワークライフバランスの充実に力を入れていることを知ったからです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職先選びには、迷われることもあると思います。自分がしたいことが出来る所を考えると思いますが、無理なく続けられる所なのか考える事も大切だと、私は働いていて感じました。どこに就職しても、その職場には縁があると思うので、前向きな気持ちで就職活動に取り組んで下さい。

Bさん(ビーサン) さん

部署・役職
看護部

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

職場を決めるにあたり、自分は職場の環境、理念、働きたい科があるか、待遇面などの条件から、最も優先することは何かを自問しました。そこから気づいた“自分が職場に求めること”を大切にしながら、複数の病院の情報収集をしました。自分の目で見て話を聞くことを意識し、見学に行く事も大切にしました。インターンシップなどにも参加しておけば、より良かったのではと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

病院の理念として“その人らしさを大切に全人的な看護を提供する”とあったことが、自分の看護観に当てはまりました。身体的な側面だけではなく、常に精神的、社会的、スピリチュアル的な面にも着目し、全人的に捉えるという視点で看護を追及していく事が、この病院なら可能であると思えたことが決め手あったと思います。また、実際に見学した際の病院の雰囲気や職員の方の温かさなど感じることができ、安心して働ける職場だと思えた事も大きかったです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

沢山の選択肢があり悩むことも多いかと思いますが、自分の看護観にぴったりとくる病院はきっとあると思います。色々調べてみる事や、実際に見学してみたり、話を聞かせてもらう事も大切だと思いますが、直感を信じて決めてみる事も良いのかもしれません。卒業後は、学生生活の中で得た学びを実践の場で活かし、たくさんのスタッフと情報共有しながら、患者様にとってのより良いケアを追及していく事で、看護の楽しさを日々感じながら働けることと思います。

Cさん(シーサン) さん

部署・役職
看護部 看護師

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私自身は、在学中から修学金を借りていた為、就職活動はしていませんでした。在学中の実習先の病院などを視野に入れて、実際に赴いて就職先を決めていく事も大事だと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

自身の母親が、この病院で看取りをしていた為、ホスピスや終末期などの全人的ケアに憧れ、就職先に決めました。家族・患者を中心に在宅復帰、死期に対しての看護ケアの立案などの、他病院とは違った患者への関わりが出来るところに魅力を感じました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

周囲の友人とも話していたのは、実際働いてみないと、その病院の良い点、悪い点は見えてこないというところでした。給料面で就職先を決めてしまいがちになると思いますが、一番大切なのは、職場環境なのだと実感しています。在学中に先生から、三年以内に離職する人の理由に多いのは“職場環境”の悪さや、自身の思いと合わないというところだと、よく言われました。上司やスタッフ間の関わりというのは、実習などに行かない限り見えてこないと思いますが、就職案内で、病院見学・新人看護師と話す機会を与えてくれる病院などあるので、そういう所から、自身の足で行ってみるのも良いと思います。