株式会社 創和ビジネス・マシンズ

株式会社 創和ビジネス・マシンズ

業 種
IT・情報通信

創和ビジネス・マシンズは1978年に沖縄県で設立し40年間地域貢献をめざし企業活動を続けている会社です。

企業は時代の変化を敏感に対応していかなければ存続出来ません。
プライバシーマーク認定取得・CMMIレベル3(能力成熟度モデル統合)認証取得など製品の品質や生産性の向上を目指し積極的に対応してきました。2005年には東京事業所を開設し、沖縄で培った業務ノウハウ・技術スキルを首都圏へと拡大しております。

『創る人をつくる』をモットーに社員教育に力を入れ、IT企業で働く技術者に必要な「基本情報技術者」はシステムエンジニアの9割以上が取得しており、「応用情報技術者」「データベーススペシャリスト」などを含む上位資格へのスキルアップの為にe-ラーニングを開催、開発言語の必須スキルである「JAVA認定資格者(Silver、Gold)」も多数おり、スキルアップの向上、経験を積むことによってキャリアアップを実現しています。

研修費用・受検費用も会社が負担、報奨金制度・資格手当も充実させています。
4月からの半年間は延べ920時間の新人研修を実施、外部講師によるシステム設計・Java言語研修、日商簿記、TOEICなど充実した内容が自慢です。

  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎2丁目23番2号
地図
TEL 098-855-5550
HP http://www.sbm.jp
事業内容

■システムインテグレーション事業 
■アプリケーションシステム設計・開発
■システムコンサルテイング
■ハードウェア及びソフトウェア保守管理業務
■各種OA機器の販売
■上記に付帯する業務  

設立年月 昭和53年8月1日
代表者名 代表取締役社長 山田 義見
資本金 4,800万円
従業員数 136名(平成31年1月1日現在)
年間売上高 14億0100万円【平成30年度実績】
沿革 昭和53年 8月 株式会社 創和リースとして資本金 4,800万円で設立し、沖縄県那覇市二中前にて営業開始。
昭和55年 5月 システム開発業務を開始。
昭和57年 3月 株式会社 創和ビジネス・マシンズに社名変更。
昭和57年 4月 日本アイ・ビー・エム株式会社の特約店となり、コンピュータ販売業務を開始。
平成 8年 5月  本社社屋落成 (二中前)
平成17年 5月 東京事業所開設 (千駄ヶ谷)
平成20年 5月 プライバシーマーク認定取得。  第10822912(01)号
平成21年11月 東京事業所移転 (江東区深川)
平成24年 3月 CMMIレベル3(能力成熟度モデル統合)米カーネギメロン大学より認証取得。
平成30年 1月 「CMMIレベル3(能力成熟度モデル統合)」認証更新
平成30年 5月 プライバシーマーク認定更新(第10822912(06)号)
平成31年 1月 セキュリティ認定(ISMS)を取得 
支店・支店事業所 沖縄本社・東京事業所
グループ会社・子会社・
関連会社
株式会社 那覇データ・センター
株式会社 エヌ・テック・システムズ
岸本不動産 合資会社(岸本情報システム)
主要取引先 沖縄県庁
各地方自治体(市町村役場)
各民間企業
各病院・クリニック
採用実績データ 2019年 2名採用
2018年 8名採用
2017年 8名採用
2016年 12名採用
2015年 5名採用
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

松田 哲(マツダ テツ)

松田 哲(マツダ テツ) さん

部署・役職
公共システム部・SE
出身学校
琉球大学大学院 理工学研究科 数理科学専攻

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私の就職活動というのは、企業の説明会等に参加するといったことをしていましたが、入社後の研修を通して、エンジニアに必要なスキルを身に着けるための学習が足りていなかったと感じました。資格取得のための学習も就職活動の1つだと思います。入社時、入社後に企業側から求められる資格等については、学生のうちに把握して学習を行っておけばよかったと感じました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

入社の決め手は研修制度です。この職種に興味を持ったとはいえ、知識やスキルには自信がありませんでしたが、入社後の研修等によって弱点をフォローする体制は整っており、自分次第でいくらでも成長できると感じました。知識・スキルを身に着けて、バリバリ業務に取り組みたいと思っていた私にとって、学習の機会が十分に与えられるというのはとても魅力的でした。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

時間を忘れるほど、没頭出来ることがその人に向いていることだと思います。今までで最も夢中になったことを考え、その自分を当てはめられるものを探していくと、自分のやりたいことが見えてくるのではないでしょうか。ぴったり当てはまらなくても、「この仕事のこの部分には…」のように部分的でもよいので、自分の特徴を発揮できる場面が見えたものには、どんどん飛び込んでいきましょう!

伊計 恭亮(イケイ キョウスケ)

伊計 恭亮(イケイ キョウスケ) さん

部署・役職
イノベーション事業部
出身学校
国際電子ビジネス専門学校

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中に意識して取り組んだのは、会社説明会や会社訪問に積極的に参加することです。
求人やインターネットから得られる情報だけでなく、会社の雰囲気や社員の様子を得ることで、総合的に判断することができると思ったからです。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

会社訪問にて、新人社員の研修中の様子を覗かせていただいたのですが、新入社員の皆さんが生き生きとしていたのが印象的でした。
この研修を通せば、社会人として良いスタートが切れると思いました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

少しでも興味がある会社であれば、その会社のイベントに積極的に参加するのをオススメします。
たくさん情報を集めて、自身の希望とマッチする仕事を見つけてください。

喜屋武 星哉(キャン セイヤ)

喜屋武 星哉(キャン セイヤ) さん

部署・役職
ソリューション事業部
出身学校
琉球大学法文学部

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

「素直に、真面目に」です。就職活動はこれからの人生において大きな選択の機会になります。無理に真面目さを装うより、素直に自分の真面目さ受け入れてくれる企業に就職したいと思っていたので、面接等もそこまで緊張することもなく乗り越えられました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

半年間という充実した研修があったため、文系出身でプログラミング未経験の私でも業務に就くまでに知識や技術が身につくのではないか、と思い入社に至りました。
また、一つのプロジェクトで要件定義から保守まで一貫して携われることに魅力を感じました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

是非たくさんの業種、企業の説明会に参加してください。私自身就職活動を始めたころはIT業界なんて視界にも入っていませんでしたが、話を聞いて実際に興味が出てきました。自分が興味ないから、専門外だからとか関係なく話を聞いてみると「面白そう」と感じることができるかもしれません。何も知らないことからチャレンジするのは不安も大きいですが、結構楽しいものですよ。就職活動楽しみながら頑張ってください。