りゅうナビ

全研本社 株式会社 沖縄オフィス

全研本社 株式会社 沖縄オフィス

業 種
IT・情報通信
教育・出版・マスコミ

ITと語学を中心事業に展開する全研本社は、
46年で積み上げてきた実績と、挑戦をやめないベンチャースピリットで、
「新しい価値」を作り続けてきました。

社会のカタチが変わろうとしている今、
そんな我々だからこそできる事があると、
私たちは本気で考えています。

沖縄オフィスでは、
ライティング・コーディング・企画・編集といった
WEBサイトの制作と運用を行い、
クライアントのマーケティング支援を行っています。

新しい時代に新しい価値を届けるためには、
まだまだ新しい仲間が必要です。

  • 全研本社 株式会社 沖縄オフィスの写真
  • 全研本社 株式会社 沖縄オフィスの写真
  • 全研本社 株式会社 沖縄オフィスの写真
  • 全研本社 株式会社 沖縄オフィスの写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0015 那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル8F
地図
TEL 070-1369-0831
FAX 098-866-3160
HP https://www.zenken.co.jp/
事業内容

広告・SEO・運営・マーケティングの総合WEB制作/スマートフォン事業、
ポータルサイト構築(ビューティー/ヘルス/教育/ウェディング)、
システム・ネットワーク開発などの総合IT事業
https://www.zenken.co.jp/works/

設立年月 1975年05月02日
代表者名 林 順之亮
資本金 227,000,000円
従業員数 1004名
沿革 ■1975
昭和50年(1975年)
総合教育事業の実現を目指し、現在の全研グループ創立
昭和51年(1976年)
こども英会話ワールド学院構想
北海道、東北、中部、西部、中四国、九州に拠点完成
昭和52年(1977年)
こども英会話教室ワールド学院全国展開開始
昭和53年(1978年)
大学受験チャレンジコースの発売、高校生分野に進出

■1980
昭和55年(1980年)
こども英会話教室 ミネルヴァ学院 全国展開開始
昭和56年(1981年)
高校入試教材 進学ゼミの発売
昭和59年(1984年)
ジュニアジャンプ学院をTBSブリタニカより買収、新たに全国展開開始

■1985
昭和60年(1985年)
大学入試ビデオ講座を(財)日本英語協会との提携により発売
昭和62年(1987年)
全進スクール、全進予備校の開設
首都圏を中心に本格的な学習教室の展開開始

■1990
平成2年(1990年)
キャル(株)設立
コンピューターソフト開発事業の開始
平成3年(1991年)
ダイヤモンド社と業務提携しFP(ファイナンシャル・プランナー)事業を開始
平成5年(1993年)
優良申告法人として表敬

■1995
平成7年(1995年)
東証二部上場 石井精密工業(株)(現在のゼィープラス(株))の筆頭株主となり、全研グループ入りしファイナンス事業へ進出
平成8年(1996年)
リンガフォン・ジャパン(株)の筆頭株主となり、社会人向け英会話事業を開始
リスクマネジメント協会認定講座の発売
平成9年(1997年)
自社ビル「全研プラザ」が新宿西口駅前に完成

■2000
平成12年(2000年)
インターネット元年として、インターネット事業に本格進出
小中学生を対象とした専任講師とインターネットの融合型学習塾創才学院(現在のZ-NET SCHOOL)を開設
ゼンケンプラネット(株)を設立し、全研グループのIT(情報技術)事業の業務受託を開始
平成13年(2001年)
NPO法人日本ハーブ振興協会認定の講座、「ハーブアドバイザーへのいざない」発売
こども英会話事業、会社分割法を使いゼンケンオール(株)を9月に設立
店頭公開を目指す(2005年6月ヘラクレス株式上場)
平成16年(2004年)
留学斡旋事業のスタート 米国大学スカラーシップ協会の総代理店に指名される

■2005
平成17年(2005年)
社会人向け英会話スクール「L-One」開校
平成18年(2006年)
(株)エデュケーショナル・テクノロジーズ・リミテッドをグループ傘下に
社会人語学研修事業進出 健康・美容事業(現在のeマーケティング事業)をスタート
健康美容商材BtoBマッチングサイト「健康美容EXPO」のサービス運用をスタート
平成19年(2007年)
サンマリエ(株)をグループ傘下に
結婚相手紹介サービス開始
高校・中学留学専門のAISE日本事務局を傘下に
英会話事業、語学研修事業、留学斡旋事業を分社化「リンゲージ(株)」としてスタート
美容業界専門求人サイト「美プロ」のサービス運用をスタート
平成20年(2008年)
CHAMBER MEDIA(株)設立
日本商工会議所が推奨する中小企業支援ポータルサイトを運営
平成21年(2009年)
NPO法人中小企業支援振興協会認定の講座、「企業財務管理実践講座」の発売
スクール情報動画ポータルサイト「入門ネット」のサービス運用をスタート

■2010
平成22年(2010年)
メガ合コンポータルサイトまちコンポータル(街コン公式サイト)のサービス運用をスタート
平成23年(2011年)
Z-NET SCHOOL事業を分社化「(株)のびる」としてスタート
平成24年(2012年)
化粧品体験コミュニティポータル「コスメニスト」のサービス運用をスタート
理系専門新卒採用サイト「リカジョブ」のサービス運用をスタート
平成25年(2013年)
SaaS型ECサイト構築システム「Allin1 OFFiCE(オールインワンオフィス)」のサービス運用をスタート
平成26年(2014年)
完全月謝制の英会話スクール「リンゲージ」開校

■2015
平成27年(2015年)
自社ビル「全研プラザⅡ」が新宿西口 本社ビル向いに完成
CHAMBER MEDIA(株)が東京ドームにて1万人規模の街コンを開催

■2015年04月
沖縄オフィスの立ち上げ

■2015年10月
順調に採用が進み、増床

■2017年04月
新卒採用枠の増加
支店・支店事業所 沖縄オフィス(eマーケティング事業本部):
住所:沖縄県那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル8F
採用実績データ 新卒採用実績は次のとおりです。
2015年度 1名 (インターナショナルデザインアカデミー)
2016年度 2名 (琉球大学、麻生情報ビジネス専門学校)
2017年度 2名(沖縄国際大学)
2018年度 4名(琉球大学)
2019年度 5名(琉球大学、芸術大学、筑波大学)
2020年度 2名(沖縄国際大学)
求める人物像 文章を読むのが早い方
文章を書くのが得意な方
アイディア・企画をカタチにしたい方
Web業界に憧れている方
手に職をつけたい方
チームで仕事をやっていきたい方
募集職種 WEB制作スタッフ
(WEBライター・編集者など)
職務内容 全研本社のWEBライターのお仕事内容は、
今まで気づかなかった、見えていなかった
新しい「価値」に光を照らすこと。

そのためには、WEBマーケティングの観点から戦略を立て、
より大勢の方に届けるための努力を惜しみません。

▼ライティングの仕事内容
あなたの書いた文章をWEBサイトを通じて世界に発信!
ユーザーが欲しい情報、人に伝わる文章、読ませるための工夫…など、WEBライターとして必要な知識・技術を駆使して、ユーザーに必要な情報をお届けします。

美容・健康・不動産・住宅・金融など、ジャンルに捉われず様々な分野のライティングを行います。
普段の生活にも役立つ情報を得られることができるため、自分の知識量も上がり、毎日の発見が増えて日常が新鮮に感じられるようになります。

▼編集の仕事内容
コンセプトやサイトの設計を考えたり、見栄えを整える装飾を行なったりライティングの修正や、校正も行なうマルチプレイヤー。
自分なりのアイディアを盛り込めます。クリエイティブな働きができます。

今回は、ライター・編集のお仕事を中心に募集しています。
ですが、やる気と努力次第では、WEBマーケッターやディレクター、コーダーなどのお仕事にも挑戦ができます!

サイト制作に関わる一部をご紹介いたします。

▼市場調査(マーケティング)の仕事内容
狙うべきターゲットがいる市場はどこか、
クライアントがマッチする市場はどこか。
業界に関する情報を検索して、市場の情報をまとめます。

▼公開前のサイトチェック(リーガルチェック)の仕事内容
医療や化粧品などのサイトにおいて、ユーザーに誤解を与える表現はNGとされています。
広告にも法律があります。決められたルールを守らなくては、良いコンテンツと言えません。

誤解がないように正しい情報を伝えて、ユーザーが安心して活用できるサイト。そして、クライアントが信頼されるようなサイトを作るためにも、関連法規のチェックは責任のある大切なお仕事です。
サイト制作で必要不可欠な関連法規の知識を、研修や業務を通して身につけていただきます。

▼分析の仕事内容
公開されているサイトの記事を読むユーザーの動きや反応を分析するお仕事。
サイトがきちんと目的通りの結果を出しているのかを日々チェックし、軌道修正していきます。
WEB業界で必要とされる(だけど持っている人は少ない)スキルが、すぐに身につく環境です。
募集学部・学科 特になし
応募資格・条件 短大・専門・大卒以上
必要書類 ・履歴書
応募方法 ①メールまたはお電話でのご応募

■住所
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル8F

■TEL
070-1369-0831

■MAIL
okinawa@zenken.co.jp

②公式サイトからのエントリー

https://recruit.zenken.co.jp/graduate/admission/okinawa-grad.html
選考方法・選考基準 STEP 1 課題
STEP 2 一次面接
STEP 3 二次面接
STEP 4 最終面接

※状況によって異なる場合がございます。
勤務地 〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル8F
勤務時間帯 9:30~18:10(休憩1時間)
給与 月給 155,000円〜180,000円
昇給 年1回あり(4月)
賞与 年2回あり(夏季・冬季)
諸手当 交通費全額支給
エコ通勤手当:5,000円
(徒歩か公共交通機関で通勤する方へ、交通費に加えて支給する手当)
休日・休暇 休日(2020年度)
完全週休2日制(土・日)
祝日
GW
夏季休暇
年末年始
有給休暇(初年度10日※内4日アニバーサリー休暇)
特別休暇
慶弔休暇
福利厚生 社会保険完備
産前・産後・育児休暇
お問い合わせ連絡先
担当者 中村
住所 900-0015 沖縄県那覇市久茂地1丁目3番1号 久茂地セントラルビル8F
地図
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

又吉 未来(マタヨシ ミク)

又吉 未来(マタヨシ ミク) さん

部署・役職
沖縄オフィス・一般社員
出身学校
インターナショナルデザインアカデミー デジタルデザイン科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

企業と接する機会を多く持つこと。最初は自分をどうアピールするかに気をとられて、ポートフォリオ作成や面接練習に力を入れていました。けれど後々、自分を選んでもらうじゃなく、この企業とマッチングするかどうかが重要なんだなと思うように。それからは、どんな会社なのか、働いている人たちはどんな人なのかを知る機会を大切にしました。なので、時間に余裕がある頃にもっとインターンシップしておけば良かったなと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

強いて言えば、ご縁があったためです(笑)第1希望の会社に落ちて意気消沈していた頃、専門学校の先輩から今の会社を紹介していただきました。本社が東京にある会社で「沖縄にオフィスを設けたいから沖縄の学生と話をしてみたい」と、一度会ってお話をするだけの予定でしたが、お話しをしている内に、オフィスの立ち上げメンバーとして就職することに。web制作系のお仕事ならなんでも嬉しい!というスタンスだったので、決め手はご縁と希望の職種だったからと言えます。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

私自身の経験から言うと、どんな縁も大切にすることです。そして、縁を大切にする最初の一歩は、約束を破らないことです。行くと言ったら行く。守れない場合は前もって連絡をする。約束を守れる人は紹介する側からすると信頼できますし、紹介しても失礼がないだろうと考えます。インターンシップも大切ですが、基本的なマナーが守れているかも振り返ることもぜひ意識してみてください。

神沼 道(カミヌマ ミチ)

神沼 道(カミヌマ ミチ) さん

部署・役職
沖縄オフィス 一般社員
出身学校
琉球大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

業種を絞らずに気になった企業はどんどん話を聞きに行くようにしていました。「この職業になりたい」という明確なものはなかったので、自分がワクワクできるのはどんな仕事かな?と考えていましたね。企業の人と話せる機会があったら、仕事内容について詳しく質問していた気がします。ただ就職活動中自分に自信が持てなくて、全然選考に応募できませんでした。今思えばもっと積極的に動いておけばいろいろ経験できたかなと…。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

一番は“サイト制作”という仕事内容です。パソコン作業が好きだったのとモノづくりに携わりたかったことで、IT企業を中心にいろんな企業を見ていて、システム系の仕事内容が多い中、Webサイトという身近な媒体の制作を行なえるのが魅力的でした。あとはオフィスの雰囲気ですね。「自分のできることから上を目指す!」と前向きに仕事に取り組んでいる方ばかりで、刺激が多そうだと感じました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

実際に働いてみて《何をするか》も大切ですが、《誰と一緒に働くか》もすごく大切だなと感じています。なので仕事内容や待遇だけにとらわれず、企業の方と積極的にコミュニケーションを取って自分に合った職場を探して欲しいなと思います。企業との出会いは一期一会。いつどんな理想の企業と出会えるかはわかりません。学校の就職課やサポートセンター、合説など、幅広いアンテナを張って出会いのチャンスを広げてみてください!